Garden(庭の偽事)

鷺沼GREEN BASKET bluestudioさんとのお仕事

http://www.bluestudio.jp/rentsale/rs005283.html(ブルースタジオさんのサイトより)

Concept
 まちの人と人をつなぐ「実りの庭」と風の抜ける「ツリーハウス」
〜まちの人にとって心地よい居場所になる鷺沼の新しい原風景〜

 → 開発以前は、農地と山林からなる丘陵地。
    丘陵に挟まれて低湿地帯が長く伸びており「鷺沼谷」と呼ばれていた。
   この古くからの風景が「縮景」され、庭として切り出され、
    新たな物語の場となっていく。

   人工的な「谷地」とも言える東西のパースペクティブを活かした中庭を提案。
   谷地を抜け、明るい芝の丘からステップガーデンを抜けると小高い駅へ向かう道へ出る。
 
   緑の中を潜り抜ける道行の身体感覚。季節の移ろいの実感。

多摩丘陵 冬の雑木林のイメージ。
模型写真
東には紅山桜、黒船ツツジなど春の庭。

ーーーーーーーーー

中庭 小さな「谷地」として、層のある多様な植栽を植える。

上から下へ。
 日当たりの良い北側の層、緩やかな斜面、途中の原っぱ。そして建物側のシェードガーデン。
 短い距離だが立体的な風景が迎えてくれる。

東から西へ。
 東からは駐車スペースを右に見ながら、サワサワと揺れる落葉樹の林を抜けると緩やかな起伏
の丘が現れる。日当たりの良い壁側は様々な実のなる木が植えられている。
 緑陰あり、木漏れ日の下、通り抜けるだけで日常からふと離れることができる。
 
 突き当たりは道路に向かって段々の庭があって、オージー系のマニアックな植物も植えられた
ステップガーデンとなる。それらを見ながら上りきるとラウンジとプランツ屋さんがあって、懐かしい
森を抜けて街中に帰ってきた感じ。

 西からはその反対が辿れる。プランツ屋さんのゲートをくぐって降りていくと、谷に向かって懐かしい風景が展開していく。

*子供達の冒険心が満たされる起伏に富んだ小径が所々にあって、遊びまわっていく中で、
さりげなく刻々と変わる植物や、生き物たちの営みに触れられる。そうやって無意識に情感が育つ庭となる。それこそが「実りの庭」である。また実際にベリー類や柑橘類、どんぐり、ハーブ類などが植えられ、収穫を楽しめ「まちの人と人をつなぐ」庭となる。

時には季節に合わせたイベントが開かれる。車両用のスペースも開放され、様々なお店がやってきて、華やぎの時間が生まれる。