Garden(庭の偽事)

うつのみやの庭 冬の庭(竣工時)

建築家 藤木隆男先生(http://www.ftaa.co.jp)にご依頼頂き、宇都宮で作庭しました。

雑木を主体に、南面の主庭は東と西で趣の違う庭に。
鬼怒川の河岸段丘に建つ家の庭なので、動線は鬼怒川の流れのように流れ、歩くと緑がたゆたいます。(真冬の施工なのでまだ寂しいですが。あっという間です)
部屋ごとにメリハリのある異なるシーンが見えるように。

☝︎リビングと和室が面するのは西の庭。秋の庭。紅葉が楽しめます。


梅は茶室ともなる和室への露地を通って、玄関から正面に植えてあります。
露地は山の道行の風情。和室からの景色は丘に遮られて水辺の雰囲気を白砂や、州浜などで構成しています。バルコニーからの見下ろし。

☝︎綺麗なサルスベリの木と、洗い出しの小径。
☝︎地元の大谷石をずらしながら敷き詰めました。
☝︎東の庭。枕木を敷き、柚子、山茱萸など。冬は黄色い柚子の実が、春先には黄色い花が咲き、一足早く季節の到来を感じる東の庭。枕木の黄色いペンキは偶然。
☝︎山法師
☝︎東の庭から西の庭へ。
☝︎和室からの庭。
庭から和室。
☝︎和室玄関から露地
☝︎エントランス脇の種僕は桂。
☝︎ホローブロックの向こうが露地。
☝︎筑波石の蹲/筧/灯篭は曼殊院
☝︎塵穴
主庭の相木石
壇香梅の蕾