Flower(花の偽事)

赤坂氷川神社 はなのみち 4季 「たなばたつめ」

神社さんへ奉納する七夕飾りの一部を生徒さんたちと「めぐり花」稽古。翌朝奉納設置させていただきました。御社殿入口の吹き抜けを、特別に使わせていただきましたが、彦星と織姫が降りてきてくれそうな気持ちのいい空間でした。向かって左が彦星へ手向ける花、右が織姫へ手向ける花。参道の両脇に花格子と合わせて奉納となります。4季の皆さんも次回が最終回。花へまっすぐ、花でまっすぐ、花は真っ直ぐ。素直な自分に帰ることができる。花を通す透明な花の身体。花の祭りは、渦をつくり、磁場を生む。いけた花は依代になるとは限らない。でも、この時は御社殿がこの時とても華やいで、嬉しそうだった。ちゃんと何かがやってきてくれたと思う。空間を切り拓き、彫琢し、活ける人 見る人それぞれの物語を見せてくれるのが活け花だと思う。このバーチャルな体験は限りなくリアル。(写真;Shinichi Tsukada)